鳩の撃退方法

はと

効果の高い方法

鳩が建物や居住空間に飛来すると糞をし、一度糞をした場所を安全地帯と考えて再び飛来します。鳩の糞は外壁塗装や防水塗装を剥がし、屋根の素材に悪影響をおよぼします。また、糞は悪臭を放ち、雨樋の詰まりの原因となります。鳩除け方法には様々なものがありますが、鳩は知能が高く、天敵から身を守るために備わった防衛本能があるため、簡単な鳩除けグッズ等では効果が得られません。忌避剤やネット、目玉風船、カラスや鷹の模型など様々なものがあります。忌避剤は風雨で効力が低くなり、建物を汚す懸念があります。目玉風船は最初は効果を発揮するも、害がないと認識するとその存在を無視します。カラスや鷹はテン的ですが、攻撃しない模型や風船であれば、すぐに偽物と見破ります。ネットは外からの景観が悪くなり、建物に雨水の水垢汚れを付けます。継続的に効果を発揮するためには、飛来場所にあった駆除方法に取り組むことです。ベランダの場合、手すり部分や手すりの下の躯体との隙間に止まります。ピーコンスパイクを設置することで継続的に効果を発揮しますが、手すり部分の設置は危険が伴うので適しません。手すり部分にはワイヤ―やテグスを張る方法が効果的です。広範囲の屋上などでも最初は手すりに着地することが多いため、鳩除けに効果的な方法となります。風雨にさらされず、紫外線の影響を受けにくい場所であれば赤外線センサーで銃砲音を発生する駆除器が効果的です。これは鳩除け効果と共に防犯にも効果を発揮します。

Copyright© 2018 【住宅被害を未然に防ごう】シロアリ対策なら専門業者にお任せ All Rights Reserved.